Powerd by Google

書籍・報告書 販売


書籍・報告書 詳細

中国知的財産権侵害に対する紛争対応システム
◆著作者等:
射手矢好雄・遠藤誠
◆発行年月:
2003年 6月 30日
◆体  裁:
B5判 271ページ
◆頒布価格:
一  般 : 5000円(消費税込、送料別)
組合員 : 2000円(消費税込、送料別)
◆在  庫:
在庫有り
◆問合せ先:
通商・投資グループ
TEL:03-3431-9348 ; FAX:03-3436-6455



中国がWTO加盟により国際的な市場経済との本格的な連携が加速する中、我が国企業の国際競争力を損失させるような中国の模倣品・海賊版による知的財産権侵害問題は、質・量の拡大に加え、生産、流通、消費のみならず輸出によって地域までもが拡大の一途をたどり、日本企業は、潜在的な市場の喪失、ブランドイメージの悪化、価格競争力の低下を招くなど深刻な被害を受けております。
 当組合では、日中間で発生する知的財産権紛争への対応戦略を構築する検討を行っており、その一環として中国知的財産権侵害を日本企業が未然に防ぐ措置と紛争が発生した場合の有効に対応するためのマニュアルを作成いたしました。
 本書は、日中知的財産権紛争対応マニュアルとしての記述部分をコアとしつつ、特異な中国知的財産権法制度を理解するため、中国特許法、商標法、著作権法、不正競争防止法の各条文に注釈を加え、関連の最新行政規則、司法解釈も多数添付しております。本書を中国模倣品問題対応戦略構築の参考としてぜひご活用ください。

●目  次

第一章 中国の知的財産権に関する法制度
第一 総説 第二 商標法
 第三 特許法 第四 著作権法
 第五 コンピュータ・ソフトウェア保護条例 第六 不正競争防止法
第二章 中国における知的財産権紛争・模倣品被害の現状
 第一 総説 第二 統計的分析の検討
 第三 アンケート調査結果に基づく個別事例の検討
第三章 中国における知的財産権の紛争予防システム
第一 総説 第二 技術ライセンス(技術輸出入)契約の締結
 第三 技術流出の防止 第四 その他の紛争予防手段
第四章 中国における知的財産権の紛争処理システム
 第一 総説 第二 模倣品を根絶するための戦略の策定
 第三 準備段階 第四 行政的手段
 第五 民事的手段 第六 刑事的手段
 第七 その他の手段 第八 法的手段の選択方法
第五章 日中知的財産権紛争に対する政府の関与と各種団体との連携
資料編
 資料1 注釈・中国商標法 資料2 注釈・中国特許法
 資料3 注釈・中国著作権法 資料4 注釈・中国不正競争防止法
 資料5 中国の知的財産権・模倣品対策に関する参考文献 、ウェブサイト

トップへ戻る