JMCトップへ
JMC Search
お問い合わせ所在地サイトマップJMC組織概要(英語)
通商問題輸出市場・投資国際競争力・経営戦略貿易手続・電子商取引環境・製品安全、基準認証輸出管理貿易保険プラント貿易機種別動向 書籍注文方法について組合出版物訂正のご案内
書籍・報告書 詳細

ロシア・ベラルーシ・カザフスタンの関税同盟における製品安全基準認証調査レポート
著作者等:
発行年月:
2012年 11月 20日
体   裁:
A4 120ページ
頒布価格:
一  般 : 5,000円(消費税込、送料別)
組合員 : 2,000円(消費税込、送料別)
在   庫:
在庫有り
問合せ先:
環境・安全グループ
TEL:03-3431-9230 ; FAX:03-3436-6455




ロシア・ベラルーシ・カザフスタンでは、2010年に関税同盟が発足して以来、ロシア連邦技術規制度量衡庁(旧GOST-R)認証制度に代表される従来の加盟各国の規制から、新たな関税同盟共通のEAC(Eurasian Conformity)認証制度への移行が進められており、「ユーラシア経済委員会」(旧 関税同盟委員会)により、多くの工業製品を対象とする「低電圧技術規則」、「EMC技術規則」、「機械安全規則」が公表され、2013年2月15日からの施行が予定されています。これら技術規則においては、認証機関又は認定試験所の関与が必要な「適合証明(Certificate of Conformity)スキーム」、欧州のCEマーキングに類似した製造者等による「適合宣言(Declaration of Conformity)スキーム」、EACマークの表示義務等が規定されているものの、各スキームの適合性評価手順(適合証明9種、適合宣言6種)の詳細内容、各技術規則に適用されるEAC認証規格、IEC電気機器適合性試験認証制度(IECEE)におけるカザフスタンのCB(認証機関)証明書等の受け入れ等について多くの不明点が存在していました。
そこで、当組合「基準認証委員会」(委員長:梶屋 俊幸氏 パナソニック㈱)では、これらロシア・ベラルーシ・カザフスタンの関税同盟における製品安全基準認証制度の動向に関する調査を行い、この度、標記レポートとして刊行致しました。

●目  次

内 容:
【主な項目】
1.現地調査結果(GOST-R:ロシア連邦技術規制度量衡庁、VNIIS:全ロシア認証科学研究所等ロシア訪問先での聞き取り調査結果)
関税同盟の安全規則、低電圧・EMC技術規則、低電圧・EMC技術規則の認証手続き、機械安全規則、カザフスタンCB加盟問題、市場監視、エネルギー規制等
2.EAC認証制度
基本法及び関連法規、所轄機関、各国の安全・EMC規制と独自のマーク認証制度、認証制度の概要と導入スケジュール、適合証明・適合宣言スキーム、認証対象品目、認証・試験機関、申請手続き、工場検査、EACマーク、認証書有効期限等

【巻末資料】
関税同盟技術規則の制定及び改廃等に関する規定、関税同盟技術規則が対象となる統一品目リスト(一部抜粋)、低電圧技術規則強制規格リスト、EMC技術規則任意・強制規格リスト



戻る

| 個人情報保護方針について
Copyright(C) Japan Machinery Center. All rights reserved.