トップページ>書籍・報告書の販売
書籍・報告書の販売
当組合で発行している書籍や報告書の販売を行っております。 ※海外からのご注文はお取り扱いできません




書籍・報告書 詳細
アジアの総合開発と日本のPE輸出促進対策 -ベトナム、インドネシアを例に-
著作者等:
発行年月:
2011年 4月 28日
体  裁:
A4 96ページ
頒布価格:
一  般 : 3,000円(消費税込、送料別)
組合員 : 1,000円(消費税込、送料別)
在  庫:
在庫切れ
問合せ先:
プラント業務グループ
TEL:03-3431-9808 ; FAX:03-3436-6455



本報告書は、東アジアにおいてインフラ整備のニーズが高く、有力なプロジェクトを擁するベトナムとインドネシアの両国について、日本のPE企業が得意とする電力、都市鉄道、水供給・廃棄物の3つの分野を対象に、日本のPE企業によるインフラビジネス展開の参考とするべく調査結果をとりまとめたものである。具体的には、国営電力公社など両国のインフラ関連プロジェクト推進主体へのインタビューなどから得られた情報を基に、日本企業と競合する海外の政府・企業によるインフラ関連プロジェクトへの関与やプロジェクト推進主体との関係構築等の取組、競合PE企業が進出案件におけるファイナンスを中心としたプロジェクトの詳細を調べ、最後にこれらの調査結果を踏まえて日本のPE企業の参入機会の拡大に向けた課題について検討している。

●目  次

Ⅰ.アジア総合開発のインフラ関連プロジェクトに関連した競合海外諸国・企業等の動向
 1. 民間資金等を活用したインフラ関連プロジェクト推進への取り組み
 2. ベトナムでの競合海外諸国・企業等の動向
 3. インドネシアでの競合海外諸国・企業等の動向
 4. インフラ関連プロジェクトに関連した競合海外諸国・企業等の動向(まとめ)

Ⅱ.インフラ関連分野でのプロジェクト推進主体と海外の政府・企業等との取り組みの動向(インフラ関連分野での関係構築の動き)
 1. ベトナムでの個別動向
 2. インドネシアでの個別動向
 3. インフラ関連分野での関係構築に向けた取り組みの特徴(まとめ)

Ⅲ.海外PE企業の進出とファイナンスの現状(民間資金等を活用したインフラ関連プロジェクトの動向)
 1. 世界銀行、アジア開発銀行(ADB)等によるファイナンスの動向
 2. 民間資金等を活用したインフラ整備プロジェクトの現状(資金調達も含む)
 3. ファイナンスの状況からみた特徴(まとめ)

Ⅳ.日本の参入機会の拡大に向けた課題と提言




競輪HPへこの書籍は一部、競輪の補助金を得て作成されたものです