通商・投資G知的財産権情報TOP米国通商関連知的財産権情報 > 2018年3月号

<組合員限定メニュー>
※本情報のメール配信をご希望の方は、必要事項を明記の上、こちらにメールをお送りください。
また、記事をご覧いただくにはメンバーズ会員への登録(IDとパスワード)が必要です。
・メンバーズサイトについてはこちら


米国通商関連知的財産権情報 2018年3月号

米国の特許訴訟の限定的裁判地をめぐるTC Heartland最高裁判決とその後の判決
―外国企業は従来通りどの裁判地でも提訴可能の地裁判決―


2018年3月号(312KB)
 A. In re Nordt Development CAFC判決
製品クレーム中にプロセスの限定があった場合、純粋なプロセスそのものの場合はまず製品クレームの構成要件にならないが、プロセスから構造的特徴が見出せるような場合は構造的限定として解釈できる可能性がある
 1.865出願
 2.CAFC控訴
 3.解説

 B. Arthrex v. Smith & Nephew CAFC判決
IPRを請求された直後で、審判部がIPRを開始するか否かを決定する前に特許権者が全てのクレームをディスクレームした場合、審判部は特許権者に不利な判決を出すことができ、それ以降は特許権者はディスクレームしたクレームと同じか、特許的に区別できないクレームについて追求することはできない
 1.審判部の不利な判決
 2.CAFC控訴は可能か
 3.審判部の権限
 4. 解説


戻る


Acrobat Reader のダウンロードこのページの情報はPDFで配信します。
なるべく最新のリーダーをご利用下さい。


(C) 2015 Japan Machinery Center Inc.