通商・投資G知的財産権情報TOP米国通商関連知的財産権情報 > 2016年7月号

<組合員限定メニュー>
※本情報のメール配信をご希望の方は、必要事項を明記の上、こちらにメールをお送りください。
また、記事をご覧いただくにはメンバーズ会員への登録(IDとパスワード)が必要です。
・メンバーズサイトについてはこちら


米国通商関連知的財産権情報 2016年7月号

2016年7月号(624KB)
最高裁、当事者レビュー申立ての開始の決定は、決定時も、後のレビュー中やCAFC控訴でも争う事はできず、また、クレームを最も広くリーズナブルに解釈する基準は正しい、と判決
1.当事者系レビュー制度の問題
2.事件の概略
3.CAFC判決
4.最高裁判決
5.考察
当事者系レビュー、登録後レビュー、再審査の基準や運用を大幅に変える
強い特許法上院案(Strong Patent Act) S.632の内容

1.当事者系レビュー
2.登録後レビュー(内容は実質的に当事者系レビューの修正と実質的に 同じである)


戻る


Acrobat Reader のダウンロードこのページの情報はPDFで配信します。
なるべく最新のリーダーをご利用下さい。


(C) 2015 Japan Machinery Center Inc.