通商・投資G知的財産権情報TOP米国通商関連知的財産権情報 > 2014年12月号

<組合員限定メニュー>
※本情報のメール配信をご希望の方は、必要事項を明記の上、こちらにメールをお送りください。
また、記事をご覧いただくにはメンバーズ会員への登録(IDとパスワード)が必要です。
・メンバーズサイトについてはこちら


米国通商関連知的財産権情報 2014年12月号

速報(504KB)
米国特許商標庁発表の特許事由適格性判断のための暫定ガイダンス(2014年12月24日改訂)


2014年12月号(343KB)
米国特許ニュース
 T.訴訟弁護士の倫理
In re E. R. R.判決
著名なチーフジャッジと敏腕弁護士の軽率なミステークについてCAFCオンバンクで公開叱責判決
 U.不公正行為(情報開示義務違反)をめぐる最近の判決
  1. Intellect Wireless判決
    発明を実施した宣誓書に虚偽があり、これを訂正した宣誓書に最初の宣誓書に虚偽があったことを明記せず、虚偽表示にパターンがある場合は不公正行為になる
  2. Ohio判決
    再審査で宣誓書を出した専門家証人を利害関係者と虚偽表示して宣誓書の価値を低め、その宣誓書をサポートする重要な証拠を再審査で開示しなかった場合、不公正行為の可能性はある
  3. Network Signature判決
    特許を必要なしと決定して年金支払いを停止して放棄し、その後「意図的な放棄ではない」として特許権を再生させても不公正行為はない
  4. Aristcrat判決
    特許出願を放棄したことが意図的でなかったという理由で再生し、それが誤っていたとしても特許は無効にならない
  5. American Calcar判決
    被告の先行技術の重要な部分を開示せずに特許を取得して、その上で被告を訴えた場合は不公正行為になる


戻る


Acrobat Reader のダウンロードこのページの情報はPDFで配信します。
なるべく最新のリーダーをご利用下さい。


(C) 2015 Japan Machinery Center Inc.