Powerd by Google

書籍・報告書 販売


書籍・報告書 詳細

米国改正特許法・新規則の解説
◆著作者等:
山口 洋一郎
◆発行年月:
2001年 11月 1日
◆体  裁:
B5判 549ページ
◆頒布価格:
一  般 : 6,000円(消費税込、送料別)
組合員 : 3,000円(消費税込、送料別)
◆在  庫:
在庫有り
◆問合せ先:
通商・投資グループ
TEL:03-3431-9348 ; FAX:03-3436-6455



本書は、1999年11月に成立した「1999年 米国発明者保護法(American Inventors Protection Act of 1999)」及びその後順次公表された施行規則を解説した待望の新刊書です。本書は、同法・同規則により制定され、また改正された各制度について、制定の経緯、概要及び規定の細かい点に至るまで、実務に沿ったプラクティカルな観点から、図解や英文・和文の対照表を用いて、より具体的にわかりやすく解説しております。

本書の執筆者である山口洋一郎弁護士は、1988年に特許庁を退職後渡米、現在米国Rader,Fishman & Grauer法律事務所のパートナーであり、本問題に関する全米屈指の専門家であります。同庁在職中には日米交渉に直接携わり、渡米後も本改正に至るまで、交渉の結果を踏まえた米国特許法改正の経緯をつぶさに見てこられた経験に基づき、本問題を解説し対応を提示しています。

本書は、米国特許関係業務を行う上で必携の書です。ぜひご活用ください。

●目  次

第1章 1999年11月29日改正特許法の立法経緯

第2章 出願の早期公開制度
・ 出願早期公開制度の導入の沿革及び問題点
・ 出願早期公開制度の規定の解説
・ 仮保護の権利(実施料相当額請求権)の解説
・ 後願排除効果の解説
・ 旧法新法にまたがる出願の後願排除効果に関する具体例
・ 出願早期公開制度の抜け道

第3章 当事者系再審査制度
・ 当事者系再審査制度の導入経過
・ 当事者系再審査の開始
・ 実体審査手続き
・ 審判
・ 審決の確定と審決取消訴訟
・ 再審査手続き終了後の手続き
・ その他の規定
・ 特許無効のフォーラム比較:訴訟、査定系再審査、当事者系再審査

第4章 特許権の存続期間延長
・ 制定経緯
・ PTOの早期処理の保証
・ 出願係属期間3年の保証
・ インターフェアレンス、秘密特許手続き、審判・審決取消訴訟による処理の保証
・ 第154条(b)(2)の期間延長の制限
・ 特許期間延長手続き
・ 特許延長期間の一般式
・ 特許期間延長の事例

第5章 先使用権制度

第6章 その他の特許法の改正点

第7章 その他の規則改正点(特許事業目的達成のための改正規則)

トップへ戻る