バングラデシュにおける貿易・投資上の問題点と要望

<-BACK
本表の見方
 
9. 輸出入規制・関税・通関規制
経由団体※
問題点
問題点の内容、国際経済法上・二国間協定上の解釈
要望
準拠法、規則、運用
日機輸
(1) 高輸入関税 ・バングラデシュへの輸入に際し、高額な関税(現状確認出来ている最大税率は出荷品I/V(Invoice)110%)がかかる。 ・妥当性のある税率を適用する。
日機輸
(2) 輸入関税率の恣意的適用 ・毎回通関において恣意的な税率が適用されており、毎回の出荷品にどれほどの関税が適用されるか予測出来ず、無為替出荷等で当社が関税負担をする際に予算に収まらない等の問題あり。 ・透明性のある税率適用を呼びかけて頂きたい。
日機輸
(3) 輸入関税分類のHSコードの不明確 ・輸入関税分類におけるHSコードに関する規定があいまい。
日機輸
(4) 通関制度手続の不透明・遅延 ・バングラデシュへの輸入に際し、一貫した通関制度が整備されておらず、属人的な通関が実施(毎回通関書類の指摘事項が異なる等)されている。無為替出荷等で当社が通関作業を実施する際に、毎回通関で時間を要しており、現着するのが遅れ、客先からもクレームを受ける等の問題あり。 ・画一的な通関システムを構築して頂き、通関制度を公に開示するように呼びかけて頂きたい。
日機輸
(5) 税関職員による法外な手数料要求 ・食料送付制度利用時に法外な手数料を税関職員が通関業者に要求するケースがあり、更に通関業者が自身の取り分を上乗せすることで通関手数料が異常に高くなる。 ・通関業者の起用や通関費用に対する厳しい管理が必要。
日機輸
(6) ATAカルネ条約非加盟 ・リターンカーゴ品等の一時的にバングラデシュで使用する物品に関して、日本等から出荷する際に無為替出荷品として出荷する必要あり、上記の通り高額な関税が課税される。関税を免税にするには、バングラ通関へ保証状の差入等の非常に煩雑かつ時間を要す手続きが必要となる。通常他の国(ATAカルネ条約加盟国)ではカルネ手帳(リターン品の関税を免税するように管理する手帳)が利用されており、関税が免税となっているが、バングラデシュはATAカルネ条約非加盟国であり、カルネ手帳の利用が適用されていない。 ・ATAカルネ条約への加盟を呼び掛けて頂きたい。もしくは保証状の差入等以外の簡易な手続きを構築して頂きたい。
日機輸

(7) FTAの不在 ・地域包括協定もしくは二国間FTAの枠組みがない。
 

※経由団体:各個社の意見がどの団体を経由して提出されたかを表したものであり、表示団体を代表する「主張」「総意」等を意味するものではありません。
<-BACK
本表の見方