バングラデシュにおける貿易・投資上の問題点と要望

<-BACK
本表の見方
 
5. 部品産業政策上の規則
経由団体※
問題点
問題点の内容、国際経済法上・二国間協定上の解釈
要望
準拠法、規則、運用
日機輸

(1) 国内素材産業への優遇政策の不足 ・当地最大の産業である繊維産業に関し、欧米、日本向け縫製品の1工程の特恵関税を政府が受け入れた事により、当地での素材(糸、生地)の生産が不必要になったが、糸、生地の生産は装置産業であり、当地銀行借り入れ金利が15%近いため、設備更新および増設はあまり進んでいない。
また、ガス不足・電力不足によるエネルギー代の高騰で素材代が他国に比べ高くなっている為、中国素材+ベトナム、カンボジア縫製という最近の競合相手のスキームに対して価格優位性を失いつつある。
・長期的な成長と競争力の維持の為に、国内素材産業に対する税、インセンティブ等の優遇政策を政府に導入するよう働きかけ頂きたい。
 

※経由団体:各個社の意見がどの団体を経由して提出されたかを表したものであり、表示団体を代表する「主張」「総意」等を意味するものではありません。
<-BACK
本表の見方